また 新しい1日

倫子です


2日間
あまり寝ていなかった


出張で愛犬しかいない
家に帰り
ただただ自分でいる

そのタイミングすら
完璧で感謝しかない



わたしには
大切な人たちと
共にいる時間も
一人でいる時間も
絶妙に
与えられている




昼間まで爆睡で動けない?と 思いきや
愛犬もミラクルいい子で
熟睡してくれて

今朝は
驚くほど
朝のうちに
すっきり目覚めた   


そんな朝
感じたこと.。o○





☆☆☆






人だから
できること
肉体でしか体現できないこと


意図せずとも
歓びの中に
存在するだけで
物事は動く世界



ある友人に昨夜
この旅のことを
「ヨリシロをほどいていってるのでは」
のでは?とメッセージをもらった


今は
恐れをもっていたとは
決して感じていなかったけれど

何かの恐れから
解放されたような
今朝を迎えた




何かはわからないけど
何だかわかる氣もする











旅先で

髪の毛逆立ち状態になっまり
(イメージ的に)
サイババみたいになったり
(イメージ的に)
耳に補聴器?みたいの
つけられたり
(イメージ的に)
龍神があらわれたり
金龍の卵やってきたり
ひたすら
祈るように手をあわしていたり

と、思ったら



テンションあがって
おしゃべりしまくったり
プスンと電池切れたり


体と魂が
明確に分離したり
(この時は 肉体の主張もすごかった)


とてつもなく
幸せを感じたり
突如
不安や哀しみ襲われたり
私の内側から
言葉がリフレインしたり
自分を攻めてみたり





そんな
不思議なことも
不思議でないことも

みんな
みんな
あるがままに
受け止めた時 

何かをコントロールしなくても
意図をもたなくても
エネルギーは流れ循環し
物事は起こることを
この肉体をもって感じる




今は
それを
共有できる人がいることが
そんな私をそのまま
受け入れてくれる人たちがいることが
ただただ
最幸なのです



阿蘇の
くじゅう国立公園をとおり

一番高い位置でありながら
同じ高さのものが
連なっていく
「淵(ふち)感」みたいなのが
(クレーターの淵みたいな)
本当に心地よかった

頂は
わたしにはいらない
何が一番とか
てっぺんがない世界
平たいけど
そこに
様々な奥行きがある世界
共存する世界





☆ 
   


わたしたちは
どんな形であっても
大切な人たちと共に
どんな時空でも
歩いてゆける
  
そう 

しいていうなら

心地よい
愛しい存在と
共にいることができる



それは
誰かでもあり
多くの人でもあり
植物や大地や
森羅万象のすべて






そんな思いが
どこからくるかなんて
どうでもいい
理由はなくていい

それを
言葉に無理にすると
ずれていくこともある.。o○

 


ながいながい間
地球とともに
埋め込まれた
私達のつくられた意識

そこから
でようとした時に
私達はもがく


もがいた後に 
見えるのは

やっぱり
ゼロの世界なのかなぁ












からっぽな今日

でも
新しい時は
はじまってる

時間の概念を
外した中で.。o○


*わたしの中の炎のような木




とりとめのない話を
最後まで
ありがとうございます






のりこ


☆追記

3時間3分ずれた 
時計は

ふと
数秘3の意味を調べ
確認のため
私の数秘8の意味を
再確認したら
魔術がとけたように
元に戻った


「3」の旅から
 今
 戻りました


空 流 ~ama∞terasu~

『くうりゅう』 ZERO FIELDで 「空 ~kuu」を味わい 魂の世界へ「流」れ出る そして アマタヲテラス ama∞terasu へ.。o○ ∞ Minanoto Art ∞ by 倫子

0コメント

  • 1000 / 1000