ゆっくり ていねいに たんたんと

倫子です。



昨日の七夕は
大阪の中津にある
冨貴工房での染めの日でした

染め体験は3回目



冨貴工房のタカさんから
学ばせていただくことは多く

わたしは
ここで
とある「意識」を
受け取って帰ることが多いですね



それは
少しずつ
わたしの中や
生活に
浸透していく感じ


その意識は
ヲシテ文字を書く会にも
活かされてたりします


最近では
天然の土や草木で
字を書くこともし始めました



草木は 
染めて完結ではなく
 

生きているから
変化をしていく


命をいただいくということは

それに対しての敬意も
もたないといけません

それが
その命と
向き合うこと

共存すること



わたしなりの解釈です....


が、そこがあると


字を書くことで
自然の意識と 
繋がっていける


和紙
硯は

全て地球が育んだ命です






 








七夕に向きあった
一枚の布

麻炭染め









ふと


〜ゆっくり
〜ていねいに
〜たんたんと





そんな言葉が
今朝やってきました




やるべきことはやるんだけど

そんな
意識の持ち方


昨日の
タカさんたちとの会話や
時間の過ごし方からも
感じたこと



もちろん
それは
根底にいつもあの
冨貴工房という場所には
あることなんだけど

また
わたしの受け取りかたが
いつもと違ってました








今朝でてきたビジョンが


宇宙戦艦ヤマトが
ワープをした後の世界


ワープする時は
すごい圧かかってるんだけど
それを抜けた時の
ふわっとした時空の感じ


今までとは違う時空

マンガでは
いや
現実でも

障害物とかいっぱいあって
ここなんだ??ってのも
たまに
あるけど(笑)



今回は
何もない
フワッとした世界

広い広い
今までとは違う
宇宙の時空にでたような




〜〜〜〜〜



やることはやるけど


うん

これは

わたしの奥底にみえてる

自分で生まれる前から
決めてきた役割みたいなもの
なんだけれど....


でも

〜ゆっくり
〜ていねいに
〜たんたんと




あぁ


もう

きっと

わたしの向かう方向をむいて
そのフィールドにいるから

安心して
この中で泳いでいく

時には
クロール

時には
上を向いて
ただ
浮いてるだけ

なんでもいい



「力を抜こう」


そう

思いました


〜〜〜〜〜〜


Facebookのイベント招待が
30人ずつくらいだったのが
100人越えでも
招待できるようになったので
調子にのったとたん

2つめのイベントにて
たったひとりも招待できないという
規制かかってしまいました
* 今は解除されています

これも
メッセージだとは
わかってたけど

そういうこと




もう
準備はできてるから




ふわっと
脱力ですね





〜〜〜〜


突如

やっと
いまのわたしの
名刺をつくっていい氣がして 
つくったのが

半年前に東京で買った
手透き和紙の名刺に

手書きでした


今なら

できます


まあ

めったに
必要性を感じない名刺ですが


渡すならば


すぐに
しまわれてしまう名刺ではなく







(裏にはHP書いてます)


大好きな天然の藍で
渦を書いてます

これが

今の等身大の


わたし




また
いつ
ワープするかは
わからないけれど







いつも
読んでくださり
ありがとうございます



倫子でした




空 流 ~ama∞terasu~

『くうりゅう』 ZERO FIELDで 「空 ~kuu」を味わい 魂の世界へ「流」れ出る そして アマタヲテラス ama∞terasu へ.。o○ ∞ Minanoto Art ∞ by 倫子

0コメント

  • 1000 / 1000